Home

TOEICには学校教育の勉強方法が通用しない

ブライダルリングの購入

“ブライダルリング”を購入する“ショップ”についても、
いろいろなポイントがあります。
たとえば、“百貨店の指輪売り場”で購入する方法があります。
昔は、上層の階の、“宝飾売り場”など、高級ゾーンにありました。


しかし、最近では、1階のアクセサリー売り場など、
ブライダルリングを、気軽に見て回れるゾーンに移って来ているようです。
そこでは、いろいろな定番の“ブランド”を始め、
多くの種類のモノを見て回る事が出来ます。


また、“友の会”や“お得意様招待”などの、サービス販売もあるようです。
ブライダルリングを、“大型のブライダル専門店”で購入する方法もあります。
店によって、様々な特徴を持っています。
中には、オリジナルのブランドを展開している所もあります。
百貨店クラスに比べて、品揃えも充実しており、気軽に覗く事が出来ます。


また、割安な場合もあるようです。
一方、“個人経営のショップ”で、ブライダルリングを、
購入する方法もあります。
“プライベートな感じ”で、ゆっくり、落ち着いて選べる事が魅力です。
他所では見つからない様な、独創的な指輪が見つかる事もあります。


定番のブランドでは、物足りない人や、二人だけの、ブライダルリングに、
“オリジナリティー”を求める人達に人気です。

パールって、何だろう

子どもに「パールって何?」と聞かれたのですが、私は苦笑いで答えることが出来ませんでした。

パールとは、真珠のことですよね。

ですが、それ以上のことはほとんど知らなかったのです。

 

親としての威厳もあるので、私は必死に調べました。

まず、パールとは貝の中に異物が入り込むことにより、その異物に貝殻を作っている成分が付着し、その成分が固まった物がパールです。

ですので、成分でいえばパールは貝殻のような物なのです。

すごいですよね。

 

同じ成分でも、出来るまでの行程が違うだけで貝殻とパールほどの差が出てくるのですから。

次に、パールの作り方です。

パールにも魚と同じように天然物と養殖物があります。

上に書いてある行程が自然の中で行われ、そこから出来た真珠のことを天然物といいます。

 

天然物はそれ自体が珍しく、貴重品とされています。

ですので、今は養殖物が主流ですね。

貝の中に丸い物を入れ、それを異物としてパールを作っていく方法が養殖物です。

 

このやり方ですと安定して取れますし、形や大きさもバラつきが出にくいですので、

装飾品を作る時は養殖物のパールを使った方が見栄えはいいですね。

ここまで勉強して、私は子どもにパールについてをかみ砕いて説明しました。

 

ですが今度は「パールってどんな種類があるの?」と聞かれました。

まだまだ、パールの勉強は続くみたいです。

TOEIC教材の選び方

いざTOEICテストの勉強に入ろうと思っても、まずどの教材を使えば良いかで迷ってしまうかもしれません。
新トーイックの勉強術の中でも解説されていますが、一言でTOEIC教材と言っても、公式問題集から各出版社が出している物まであり、その種類も目的別に様々です。
例えば模擬テストで実力を確かめることのできるもの、目標スコア別に勉強できるもの、
パート別に強化アップが図れるもの、全体的なTOEIC対策ができるもの、等など。
一度受験経験のある人であればパート別に別れているものや目標スコア別に勉強できるものを選ぶと効果的に勉強できるかと思います。
しかしまだ一度もTOEICを受験したことの無い人であれば、これらの中から選ぶのは至難の技かもしれません。

そういう場合には、無難に公式問題集を選ぶのも良いですし、TOEICテストの全体的な勉強ができるものを選んでも良いと思います。
しかし何より忘れてならないのは模擬テストの問題集です。
本番と同じ形式で出題され、リスニング用のCDもセットになっています。
できるだけ実際の試験と同じ環境で問題を解いてみて、試験の雰囲気を掴むと同時に自分の弱いところを見極めましょう。
自分の弱点が分かればそこを重点的に強化できる教材を選ぶのにも役立ちます。
また、同じ模擬テスト問題集を何度も解いてみることも大切でしょう。

Return to page top